乳幼児の食育。食わず嫌いの克服は意外なことだった!

2歳目前の我が家の息子ill。
食わず嫌いで悩んでおります( ;∀;)
離乳食初期~中期にかけては、よく何でも食べていました。
「あ~この子は食育には悩まないな(*´ω`*)」
と浮かれつつ、後期へと突入。
奈落の底へとダイブしました、はい(=_=)

後期から完了期にかけ「あれもやだ、これもやだ」

何とか口に含むも、ゲー((+_+))する始末。。。

特にお肉全般、何にも食べませんでした。

肉より魚派!(鯖が大好きなのですが。笑)

そうなると結構、母としては献立にかなり悩まされます(´-ω-`)

ハンバーグもNO✕
ウインナーもNO✕
カレーもお肉はNO✕

小さくちぎってあげてもベーっと出しちゃっていました。

野菜も固形食になるにつれ次第に食べなくなり・・・

これは本当に困ったぞ・・・

ママの育児方針を逆手に取った克服法

先日おばあちゃんに誘われて、illと3人で焼肉屋に行ったんです。

ill食べれるのないな~…仕方ないから玉子スープとライスで済まそう。
と思っていた私。
すると、おばあちゃんがなんやら
ハサミを借りてハラミ肉をちょきちょきカットし始めた。
心の声→(とうとう母も歯が弱くなったのね)
その矢先!?

illのご飯の上に切った肉を、ホイホイ置き始めたー( ゚Д゚;)!!!

私「なにやってるのお母さん!食べないよ?嫌がるからやめてあげて!」

母「黙ってみてなさい。しばらく放っておいて、あなたも食べなさい~」

なにを無謀なことを。。と呆れながらも放っておくと
!!!!!!!!
ご飯の上に肉がない!
がっついとるやんけぇー( ՞ਊ ՞)‼︎

母曰く、「嫌いなものは味付け次第で食べるもんだよ」と。

なるほど!

タレだ!

味付けの問題かー!

お肉が嫌いなんじゃなく、薄味がもう全くダメだったのだね( ☼д☼)

良い育児、食育にとらわれすぎて、
薄味にしてあげていた私でしたが。

シビアになり過ぎも良くないんだ。

それ以降も母からは

『まずはなんでも食べさせて見るのが1番よ』
『あなたの仕事は、無理に食べさせるんじゃなくて、好きな物を増やしてあげること』

と母からの助言でハッとしました(TдT)!!!
それ以降、illは次第に率先して食べてくれるものが減りました。

今私が実践している克服法

①嫌いな野菜は煮込む

フードプロセッサーでみじん切りにし、

カレーやシチュー、ハンバーグ、お味噌汁などに投入。

②好きな味のたれを研究し、苦手食材にかける

刺激の強いニンニクや香辛料は使用せずに、自家製タレを作ってます。
苦手なものに絡めてあげると進んで食べてくれます。
③食べて食べてと誘導しない、見ない ←ここ重要
せっかく作った料理。
旦那にも「美味しい」と言ってほしくてよく食べるところをじーっと見張って
いるかのように見つめていることありませんか?
子供も、ずーっとママに見つめられると
食べたい < 食べなくちゃいけない
になりストレスにもなると言います。
なるべくそっとしておいてあげると、不思議なくらい
嫌いなものへも手が伸びるようになりました(*´ω`*)
子供の意思で、克服するチャンスをあたえてあげるのが、一番の近道かもしれません。
食育で悩む時期、何作っても
いら~ん!て言われ続け…本当に辛いんですよね。

余り頑張り過ぎず、味濃いめでもよし!
食べれるようになったら、徐々にうす味に変えてあげてもいいですね(^^)/

是非皆さんもトライしてみてください(^^♪

お互い頑張りましょうねー❤︎
スポンサーリンク

シェアする

フォローする